2018年1月に聴いて良かったアルバム

今年から月一企画にするぞ。なぜかというとまとめてやるのが大変だから。でも月一なのに早速この記事が翌月中旬にずれ込んでるのは気にしない方が幸せになれます。君みたいに勘のいいガキは嫌いだよ…

 

というわけで早速。今年からは時代にあわせてSpotifyApple Musicの埋め込み主体で行くぜ。でも盤で欲しいぜって人はタイトルをクリックしてくれよな。

Little Glee Monster「juice」

 

歌の中身もいいんだけど、とにかく音が良いなあと感じた。最近音が綺麗なのが好き、というか汚いのがダメになってきてる(ジャンルとはあまり関係ない)。歳かな……

POLTA「LOVE TO DIE」

POLTAの2年半ぶりのフルアルバム。リード曲になってるメロディアスな曲も良いんだけど疾走感ある曲がとてもよい。「失踪志願」「とけいのむこう」「イエスタデイノーモア」などなど、どれも曲調とアンバランスな歌詞がすごくいい味出してる。

People In The Box「Kodomo Rengou」

 去年の年末にライブで見て(ボーカルの波多野さんが喉を痛めたが故のインストゥルメンタル編成だったという例外要素はあったけど)めちゃくちゃ音の圧力を感じたPeople In The Box。アルバムも3人のアンサンブルが緻密さと大胆さが全開ですごく引き込まれるものがあった。

Chris Dave and the Drumhedz「Chris Dave and the Drumhedz」 

ロバート・グラスパー・エクスペリメントの初期メンバーでディアンジェロのドラムでもあり最近では宇多田ヒカル「あなた」にも参加した稀代のR&Bドラマーであるクリス・デイヴの初ソロアルバム。4年前のフリーDLのミックステープからは随分作品としてのまとまりが出てるし(当たり前か)2年前にライブで見た時の「なんじゃこりゃ感」が凝縮されてパッケージングされてると感じる。

 

うん、1ヶ月ずつやれば大変じゃないな。こんな感じで来月以降もやっていきます。って、もう半月したら来月の分作らないとだなw