2018年6月に聴いてよかったCD

また月末になってしまった……

 

 

lyrical school「WORLD'S END」

全ての曲が良くて、夜明け→朝→昼→夜という曲の流れと昼のパートで夏が始まり終わってくという二段構えになっている多層的なストーリー性のある曲順。2018年にアルバムで聴くべき作品としてトップクラスのできばえ。製作陣に拍手!それから別記事にも書いてあるからぜひそちらも読んでほしい。

というわけで今月これで終わりでいいですか?え?マジメにやれ?

 

わかりました。他はこんな感じです。でもホントまずリリスクの「WORLD'S END」聴いてください。

 

R+R=NOW「Collagically Speaking」

 

宇多田ヒカル「初恋」

Apple Musicにはまだ無いのでこの形で勘弁

 

TAMTAM「Modernluv」