たにみやんアーカイブ(新館)

音楽について何か話をするブログです

2019年12月に聴いてよかったCD

今年からは名前変えるようにしよう。

 

Ovall「Ovall」

mabanuaさんのいるOvall。1曲目「Stargazer」のズレ気味なリズムのイントロからもう好きすぎ。もうちょい新規性みたいなものも欲しかった気がするけど自分の好みど真ん中な感じ。

Answer to Remember「Answer to Remember」

今最も熱い若手ドラマーと言っても過言ではない石若駿のソロプレジェクト。テクニカルなドラムをはちゃめちゃに叩きまくってる曲の爽快感が半端ない一方で中村佳穂バンドとの共演曲(ライブで聴けた!)はポップスアンサンブルの楽しさなんかが味わえるしとにかく聴いてて色々な楽しい気持ちを味わえる楽曲集。今年屈指のいい音楽集って感じでした。

さよならポニーテール「来るべき世界」

Tパレに移籍してからのさよポニは基本的にどのアルバムも好きなんだけど、今作も良かった。まったり感を少し脱してちょっとひねた感じとアンニュイな感じをうまくミックスしていたのがとても好感。

私立恵比寿中学「playlist」

良い意味でエビ中っぽくないっていうか、なんか新境地って感じですね。新しい魅力を見出したという感じ。とにかく前半の楽曲群が良い。

小袋成彬「Piercing」

分離派の夏はまあそれなりって感じだったんだけど、この作品は衝撃的に良かった。複数トラックに跨った曲、その辺で声かけた女子たちのコーラス、話し声が普通に入っている曲、録音の音源だからできることがたくさん。それでいて分離派より曲は開かれている感じもあったり。いい作品だなって。