読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROCKS TOKYO 5/30

Music フェス

昨日は東京の若洲にて開催されていた新しいロックフェス「ROCKS TOKYO」に行ってきた。 今月の頭に行ってきたARABAKI ROCK FESは宮城県川崎町、昨年行ったROCK IN JAPAN FESは茨城県ひたちなか市と、大規模ロックフェスをやる広い場所はどうしても東京から離れがちなのが実情。そこにこんな都会型フェスで、しかもメンツ良いのであれば行っちゃうしかないだろ!!ってことで行ってきたので振り返り。

会場の若洲公園は新木場からタクシーで10分ほど。実は結構遠かったりする。まあ臨海副都心(と言っていいのかもはやよくわからないエリアだけど)の端の端なのでしょうがないか。それはさておき、気合入れていざ最初のSTAGEへ!!

01 世界の終わり@BAYSIDE STAGE

1:青い太陽 2:虹色の戦争 3:死の魔法 4:幻の命 5:インスタントラジオ

僕的今年の新人No.1イチオシの世界の終わり。実際今日見られることをとっても楽しみにしていたバンド。生で聴く彼等の声はより感情がこもっていて、より暖かくて、より綺麗だった。虹色の戦争には感激したし、最後のインスタントラジオは大いに盛り上がった。何ともこれからが楽しみなバンド。

終わったらダッシュで移動。途中怒られたけど。今回の僕的メインアクトは彼等なので。

02 サカナクション@WIND STAGE

1:21.1〜Ame(B) 2:明日から 3:表参道26時 4:セントレイ 5:klee 6:ネイティブダンサー 7:アルクアラウンド 8:ナイトフィッシングイズグッド

去年のCOUNTDOWN JAPANでのサカナクションのACTは感動そのものだった。そして、今回も。サカナクションは曲のイメージとかかしとかから夜が凄く似合うんだけど、今回は真っ昼間。でもそれでも凄くいいってことを証明してくれた。オープニングの21.1〜Ame(B)はかなりアツかったし、昼に聴く「ナイトフィッシングイズグッド」も格別。大いに踊りまくった。10/8武道館、ぜひ行きたい。

ここでしばし休憩。食事したりなんだり。とりあえず踊り疲れたのでぐったり。そんな中、WINDSTAGEの次のアクトが始まり、せっかくだから行ってみることに。

03 10-FEET@ WIND STAGE

10-FEETといえば、昨年行ったROCK IN JAPAN FESのDragon AshのFantasistaにて非常にお行儀のいいラップをかまして話題になったというか僕はその印象しかないので、ちょっと微妙だったわけ。しかしそれはただの先入観に過ぎなかった。めっちゃ面白いMC!!客に後ろ向かせて、最後尾でのんびりしている人達も巻き込まんとする盛り上げ上手さ!そしてアガる曲!かなりよかった!!見直したよTAKUMA!!

04 SEBASTIAN X@NEXUS STAGE

新人バンドの登竜門的存在であるNEXUS STAGEに行ってみたら、不思議なバンドがやってました。名前から想像していた能登は正反対。なんといえばいいのかな。とりあえずやたら印象に残った。うん。

05 エレファントカシマシ@WIND STAGE

いきなり「悲しみの果て」でスタート。これは見なくちゃ!!共の陰からステージ見える方へ移動。しかしながら男宮本、アツいね。あと「エブリバディ!」って言いすぎ。マイブームなのか。しかしながら「今宵の月のように」なども聴け、わりと満足。

06 LOW IQ 01 & MASTER LOW@BAYSIDE STAGE

シンディ・ローパートリビュートでの土岐さんとの奇跡の名演「TIME AFTER TIME」や、HUSKING BEEトリビュートでの「HB Early Works」などの名演でトラックメーカーとしての実力を遺憾なく発揮していたLOW IQ 01こといっちゃん。逆か。まあいいや。行ってみたらものすごいハッピーな音楽空間。NO MUSIC NO LIFEの曲は良かった!探してみようっと。

07 ACIDMAN@WIND STAGE

実は初めて聴いたACIDMAN。ハードかと思ったらかなりメロディアスなのね。普通に良かった!もうちょっと聴いていたかったけど、バンアパもあるので早期に脱してしまった。

08 the band apart@BAYSIDE STAGE

1:Tears of joy 2:ree fall 3:l love you Wasted Junks & Greens 4:新曲(タイトルは「Photograph」らしい) 5:C.A.H 6:Mercury Lamp

というわけでバンアパ。何とも楽しい快適な音楽空間。ていうか殆どの曲が最新EPからだった!!てな訳で定番の曲は殆ど無し。しかしながらいい感じであった。そんなに癒し系の曲ってわけではないけど、和むんだよな〜。あと、今回は原さんがおとなしめだったような。ステージが狭かったからか…?

09 Dragon Ash@WIND STAGE

1:Freedom(聴けなかった) 2:La Bamba 3:Bring It 4:繋がりSUNSET 5:CALLIN' 6:AMBITIOUS 7:Fantasista 8:運命共同体

我々にとってはいろいろな意味で盛り上がりポイントだったDragon Ash。やっぱ何というかkjカッコいいよね。そんなわけでFantasistaでは昨夏同様大いに盛り上がった!!思いっきりはしゃいで楽しんで、これぞロックフェス!運命共同体の「ROCKS TOKYOに咲いたFreedom」もちょっと無理矢理だけど良かった!!

いよいよFesも佳境。まずはBAYSIDE STAGEの最後のACT。

10 BOOM BOOM SATTELITES@BAYSIDE STAGE

1:BACK ON MY FEET 2:MOMENT I COUNT 3:MORNING AFTER 4:UNDERTAKER 5:KICK IT OUT 6:DRESS LIKE AN ANGEL

ブンブンである。実際の所ダンスロックの草分け的存在らしい。知ったの最近だけど。実は今回世界の終わりの次くらいに楽しみにしていたバンドでもある。とにかくキック音がガンガン来る。嫌が追うにもテンション高くならざるを得ない。おかげで「KICK IT OUT」のイントロの時にはテンションMAXだったと思う。とにかくノれた。凄くいいACTだった!

さていよいよラスト。と、その前に腹ごしらえなどしてみたり、時間も遅いし人多すぎなので、後ろの方からまったり鑑賞。

11 RADWINPS@WIND STAGE

1:おしゃかしゃま 2:バグパイプ 3:ギミギミック 4:One man live 5:グーの音 6:遠恋 7:マニフェスト 8:オーダーメイド 9:トレモロ 10:なんちって 11:七ノ歌 ★Encore 12:いいんですか? 13:有心論

うわっ。改めてセットリスト見ると、かなりやってるなあ。すごい。RADは昨年の幕張メッセ以来。長くやってる全般的に最近の曲に偏ってるのが残念(大好きなアルバムである3からトレモロしか入らなかったし、あと2からなんちってが入ったくらい)。しかし結構ミスってたな。トレモロで入りがずれたのはちょっと…曲が好きなだけに残念。

最後の方になってかなり退場者が多くなり、これでは我々も帰れなくなる!!ということでアンコールを背に帰還を決意。お疲れ様でした。

メンツ的には今までいったフェスの中でも屈指の物だったなあと言うことを改めて実感。そしてかなり盛り沢山で見られたという感が強い。そういった意味では非常に満足している。

しかしその一方で、初回のフェスにありがちなマイナス要素を余すところ無く持っているのもまた事実。トイレの数、飲食ブースの混雑、椅子がない、そして何より最寄り駅から会場までの交通機関の少なさ(帰りは駅に着くまで50分かかった…)。そしてその割に終了時間が遅い。WIND STAGEとBAYSIDE STAGEのアクトの間には10分欲しかった。そうなると、BAYSIDEのアクトを1つ減らして、12時半スタートくらいで21時終わりくらいにするとちょうどいいと思う。この辺は難しいところだとは思うけど。しかしインフラ面は大幅に改善の余地アリというかすべき。

しかし何にしろ楽しかった!!鹿野さんが来年もやると宣言してたのでそれを楽しみにしていよう。

広告を非表示にする