みんなの知ってるジョブズの話〜書評:「スティーブ・ジョブズII」

スティーブ・ジョブズ II

Iに続き、IIの方もiPadで読んだ。紀伊國屋のKinoppyはそこそこいい感じに見られるね。今の国内の電子書籍の中ではかなりいい方なんじゃないかなと。

さて今回の「スティーブ・ジョブズII」、アップルに復帰してからついこの前の引退に至るまでのジョブズさんが描かれているわけ。iMaciPodiPhoneiPadといったみんなおなじみの製品が登場するし、スタンフォードの卒業式とか色々みんなが知ってるジョブズさんが出てくるわけ。

だから、ネット上だと「IIの方がいいよね」みたいな感想がとても多いわけなんだけど、僕としてはむしろ逆の感想を持った。Iの方が面白かった。というか、IIの中身は今まで別の本で読んだ内容が多かった。新しい発見はディズニーとピクサーがらみの話とかかな。というわけで、Iの方がオススメですよ。はい。

といって終わってしまうと手抜き極まりないので感想をもうちょっと書くと、この本はとっても公平に書かれている。「アンテナゲート(iPhone4のアンテナ問題のこと)」にちゃんと章を割いているのははっきり言ってすごいと思ったし、ビルゲイツをはじめとするライバル・敵達のコメントもしっかり取って、ジョブズを一方的に讃えるような内容には決してなっていない。ただでさえ一つの宗教のようだと言われるAppleを体現する存在であった上に、早すぎる死で神格化されすぎてしまったために、Web上ではジョブズ例えが飛び交い、ジョブズ名言が相田みつをの死のように飛び交いまくっているこんな状況の中、非常に冷静になれると思う。ジョブズはこの本の内容には注文を出さなかったんだってね。彼にしては珍しく謙虚。

そんなわけだけど、まあやはり公式自伝であり、内容は非常に濃いなあと思うわけであり。ジョブズ本はたくさん世の中に出回っているけどまずはこれを読んどけっ!て感じですな。うん。