読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SWEET LOVE SHOWER 2012に行ってきた話。

今年初めてライジングサンに行って夏フェスを存分に楽しんだけど、やっぱりアレが、っていうことと、夏の終わりを思いっきり楽しみたかったのとでもう一つ初めてのフェスに行ってきました。

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012

場所は山中湖。東京からはわりかし近い。とはいえひたちなかさんみたいに道とかが整備されてるわけではないしキャパもそこそこというもの。しかしながら初日にライジングに出なかったサカナクション出るし行きたいなあということでいざ公式ツアーバスにて大宮駅より出発。

渋滞にはまった………

到着予定時刻を1時間半ほど超過して10時40分に会場着。まあ序盤はそこまで見たいの無かったので、着いてからもグッズ買ったりクローク整えたりとか。会場では既に雨が降ったりやんだりしていたので、去年のROCKS TOKYOで大活躍したレインコートを装着していざ出陣の巻。最初のアクトは、初めて見るこの人から。

#01 きゃりーぱみゅぱみゅ@Mt. Fuji Stage

ヤスタカファミリー最若手にして人気急上昇中のきゃりーぱみゅぱみゅTwitter見てると結構言うこと賢いしマジメだし、結構好感を持っていてぜひライブみたいなあと思っていた次第。セットリストは下記の通り。 1:ぱみゅぱみゅれぼりゅーしょん 2:CANDY CANDY 3:みんなのうた 4:PON PON PON 5:きゃりーANAN 6:つけまつける 7:ちゃんちゃかちゃんちゃん えっとねえ。すごくよかった。まだきゃりーって19歳なんだけど、凄く堂々としてるし、MCとかでもどんどん盛り上げようとしてるし、「みんなのうた」「きゃりーANAN」「つけまつける」辺りは凄く合いの手がたくさん入ってて一緒に楽しめる感じ。「渡しのライブは強制参加型ですよー」っていってたけど、別に強制されても苦にならないよね。しかしながら個人的に一番好きなのは実はCANDY CANDYで、あの曲のイントロの踊りの歌舞伎っぽいところがすごく好きな僕。最初はPA前くらいで見てたけど、最終的には相当前まで行ってた。満足!!

そして次のバンドはお昼を食べながら。雨が結構強くなってきた感じ。

#02 フジファブリック@LAKESIDE STAGE

この日のフジファブリックのセットリストは以下の通り。 1:虹 2:夜明けのBEAT 3:徒然シンドローム 4:Surfer King 5:銀河 6:STAR ということで現体制になってからの曲はSTARと徒然シンドロームのみ。まあロックフェスだからさ、盛り上がる曲がいいとは思うんだけど、フジファブリックは本当に今の体制でヒット曲を早期に出すことが至上命題だなあと改めて思った次第。あんなことがあったのにバンドとしての体を完全に取り戻していること自体が奇跡ではあるんだけどね。でも今のフジファブリックも好きだからこそ、それをもっと前面に押し出せたらいいだろうなあと思う。

そして今日唯一のFOREST STAGEにて。しかし道が狭くてアクト間の移動で必ず導線が詰まるね。

#03 在日ファンク@FOREST STAGE

いつも通りの人工エコーで「我々は在日ファンク…」ってやってから、いつも通りのステージを。後でハマケンが「かなりオーディエンスが重かった」っていってたけど、フジファブリックの時以上に雨が強くなってたからそれはちょっとしょうが無いかなとは思う。晴れてるときにガンガン体動かしながら味わうのがフェスにおけるこのバンドの楽しみ方だと思うからね。出来自体は良かったと思うよ。ただちょっと短かったのと、新曲主体で京都がなかったのが残念と言えば残念。

そしてまたメイン部分に戻り、次の次のアクトに備えながら見たこの人達。

#04Dragon Ash@LAKESIDE STAGE

思えば僕が初めて夏フェスなるものに行った3年前のROCK IN JAPANの中目でメインステージのトリを務めたのがDragon Ashだったな。実際にはその翌年にROCKS TOKYOで見てるから2年ぶり。しかしながら、今年の6月にベーシストでかつ最年長で精神的支柱だった馬場さんが亡くなって、サポートにRIZEのkenkenを迎えてのステージ。その辺の出来についてはまあ申し分が無いんじゃないかな(kenken実力者だし)。それにしても降っていた雨がからレノ演奏と共に収まって晴れるに至ったのは凄かった。こういうことは言いたくないけど馬場さん見てくれたのかな、と。 ところでkjが「このSWEET LOVE SHOWERはロックフェスじゃないけど」って言ってたけど、そうなの? 個人的には○ッキンよりもよっぽどロックなんじゃないかと思うけどねえ。まあその辺は気にしないしミクスチャーロックとしての彼らのアイデンティティの主張は嫌いじゃないのであまり気にしてないけど。あとFantasistaのときはサークルモッシュを全ポニ作らせてた。でも実際にサークルが凄かったのはPA裏だったけど。しかしながらあの曲は10年経つけどやっぱりいいねえ。彼らのロック・アンセムだよ。

さて次は。スペシャルな編成を率いる彼。というか、ここでceroと被っているというのが痛恨のつらさ。見たかった……

#05 レキシ@Mt.Fuji STAGE

ものすごい人で埋め尽くされていたレキシ。サウンドチェックで「Let's忍者」をやった後は、「ちゃんと出てくるときは法螺貝鳴るからね!」と説明。そして定刻に法螺貝が鳴り登場。そして「うるさい!」ととめて「どうも、ケビン・コスナーです」という一連の流れ。何度見ても、わかっているのに笑っちゃう。しかしながらいつも通りテンションが上がり盛っていた信玄餅(らしい包み)を振り回したあげく最初の曲のイントロで投げ飛ばす。早いよww 1曲目にきらきら武士をやった後は、ハマケンこと織田信ナニ?を呼び込む。「さっきまで演奏し立てほやほや、そして別の意味でもほやほや」な織田信ナニ?を加えて「どげんか遷都物語」を披露。トロンボーンソロで盛り上がる観客。「でもこれ全部で3回あるからね!」wそして最後は「遷都〜遷都〜♪」「遷都〜千尋〜♪」 と違う曲に!!おい!wそして終わった後に池ちゃん「あーやっぱハマケンとやるとぶつかり稽古みたいになるよなあww」と満足げ。 そしてあっという間に最後の曲。まあいつも通りMC長いしねww最後のゲストとして足軽先生登場。まあスペシャ的には足軽先生出るのってかつての番組とかの兼ね合いも会ってスペシャルなんだろうなあとか。個人的にはいつものワンマンライブには欠かさず出てるのでスペシャル感は特になかったww んでハマケンも再度登場してやっぱり「狩りから稲作へ」。いつも通り過ぎなんだけど、ハマケンがあまりにもやる気がなくてワロタw挙げ句の果てには在日ファンクが盛り上がらなかったのはハマケンのせいということになるし。 しかしながら今回はやたら時間を気にして(足軽先生もそこをつっこむ割にぼけるカら達が悪いw) いて、とりあえず何度も時間を確認して「これ時計じゃなくてリストバンドやー」をやったり。まあそんなわけで実際高床式以降はわりと短め。まあ出場メンツもあって今回新規の人もずいぶんいたみたいだしつかみとしてはいい感じだったんじゃないですかね。個人的にはライジングの方が圧倒的に良かったけど。やっぱレキシにはそれなりの持ち時間が必要だよね。

さて。SWEET LOVE SHOWERは山中湖交流プラザきららという場所でやるんだけど、その場所柄を活かしてちょっとしたアトラクションをやったりもしているわけ。それがカヌー体験と気球体験。他にはないし平常時に流行ってないしということで、きまぐれにカヌー体験してみることに。ちょうど次の星野源まで時間あるし。 ちょっとの漕ぎ方レクチャーを経て、早々と山中湖に放り出されるお客さん達。 漕ぎ方がわからない最初のうちはめちゃしんどいけど、慣れてくるとそれなりに漕げるようになってくるわけ。簡単にはまっすぐ進めないけど、楽しい。ちょこっと湖で撮った写真でも。 まあ撮るの大変だったんだよってことでw そういえば、ちょうどWATERFRONT STAGEで奇妙礼太郎がソロライブやってた。漕ぐのに必死で それどころじゃなかったけど。んでもってLAKESIDE STAGEではTHE BAWDIESがやってて、ROY君が「カヌー乗りましたか?」とか言ってるわけ。まあそれどころじゃなかったので全部聞き取れなかったんだけど、後で内容聞いてぶったまげた。

https://twitter.com/rockiiiin69/status/241888465288036353

いやいやいやいや(笑)。 まあなにはともあれ初めてのカヌーは楽しかった!気球も乗りたかったけどまあそれは今度ということで。

そんなことで面白い体験をした後は、そういえば生で聴くのちょっと久しぶりなこの人。

#06 星野源@Mt.Fuji STAGE

今までやんでいた雨がまた降り出してきたので嬉しそうな源くん「いやー、良い雨だねえ。もう暗い曲やりまくっちゃうぞww」と一人テンション上がっているの図。それでやった曲はこんな感じ。 1:ひらめき 2:湯気 3:営業 4:パロディ 5:夢の外へ 6:くだらないの中に 7:フィルム まあ確かに半分くらいは暗いなww湯気とか営業とかは特に。個人的にはパロディを初めて聴けたのが良かった。あと夢の外へもか。 「夢の外へも」の前にメンバー紹介を一通りやったんだけど、「今回新しく“客”というパートが出来ましたwでもねえ、今雨降ってるのはこの人の制ですよwサカナクションの山口一郎!」納得!しかし一郎さんホント源くん好きねw しかし一郎効果で本当に凄い雨。 源くんが「君達ねえ、楽しいばかりがフェスじゃないんだよ。時には雨に打たれながら今までのつらかったこととかを思い起こしてみるのもまたフェスの醍醐味なんだから」といってたけどその直後にやった「くだらないの中に」の時の雨は本日一番の豪雨。めちゃめちゃ凄かったのでとりあえず雨に当たる面積を最小にして乗り越えようとしましたとさ。

そんなわけで一旦クロークの方に引き上げてタオルを買えたりしようと思ったんだけど、出入口水没。笑。まあしょうがないので突き進んで変えましたさ。夏だから出来るこのごり押し。春とかだったら致命傷になるのでよい子は真似しないようにね!

そんなわけでEGO-WRAPPIN'を3曲だけ聴いて(本当はくちばしにチェリーを聴いた時点で出ようとしたんだけど2曲目と予想外に早かったのでもう1曲だけ聴いたというw)、最後のアクトへ。これを見たくて来たんだから!

#07 サカナクション@LAKESIDE STAGE

夏フェスでサカナクションを見ずに終われるかと。今回ここに来た目的の大半はこのステージだからね。そんなわけでZEPP ALIVEの時からの恒例のハンドクラップの客入れSEからRAP TOP STYLEのオープニングに突入し(これ音源化してくれませんか!)、そこから流れるように本編に突入。 1:モノクロトウキョー 2:アルクアラウンド 3:『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』 4:僕と花 5:僕と花(sakanaction Remix) 6:ネイティブダンサー 7:アイデンティティ 8:ルーキー En:夜の踊り子 まあ正直なんというか、シングルコレクションだね。尺の問題があってしょうがなかったんだろうけど、個人的にはシングル曲減らしてでも「インナーワールド」→「サンプル」をやってほしかった。っていうのはまあマニアックな要望なんでしょうな。 とはいえやはりサカナクションのライブは圧倒的。他のロックバンドに比べて一段高いレベルのパフォーマンスをしているなあというのが まざまざと感じられた。 それからアンコールの「夜の踊り子」。ZEPPツアーのファイナルで見たときもこりゃあ凄い曲出してきたなあと思ったんだけど、今回改めて見たらさすがにライブ慣れしてきたこともあってよりいっそうアガる曲になっていた。 個人的には本編はまあこんなもんかなって感じだけど、アンコールのこの曲に関しては圧倒された。やっぱり、やっぱり来て良かったよ。

 

そんなわけで僕の夏フェス納めも終了。SWEET LOVE SHOWER楽しかった。チケット売り切れのためか人数過剰感があって導線とトイレ行列がアレだったことを除けばとても良いフェスでした。山梨なのでほうとうも食べられたし(昼に塩ほうとうなる物を食べてこれはあり得ない!と夕飯に味噌ほうとうを食べたのは内緒)。出演ミュージシャンも偏りなく選ばれてるし。因みに今回の個人的ベストアクトはきゃりーぱみゅぱみゅ。家に帰ってから即iTunesでアルバム買ったw

また来年も来たいね!