2019年7月に聴いて良かったCD

この夏は忙しくてすっかり忘れかけてた!いくつか配信限定のがあります。もはやタイトルが意味をなしてない!

 

BBHF「Mirror Mirror」

Galileo Galileiのメンバーとサポートギターによって結成された実質的な後継バンド。なのであの瑞々しく小難しい雰囲気も継承されてて、あの音がまた聴けるのが嬉しいという気持ち。

 

羊文学「きらめき」

この内容でタイトルが「きらめき」になってしまうのがすごい。いびつで店舗も全体的に遅めで明るい曲調の曲はあまりない。でも1曲目のイントロだけでこのタイトル正しいなって思えてくるところはある。

SOLEIL「LOLIPOP SIXTEEN」

このバンドは出てきたときからめちゃめちゃ狙いすましてるなってずっと警戒していて、今でもそれは変わらないんだけど、今作はその狙いすまし具合があまりにも突き抜けすぎているのでなんというか笑ってしまった。「ハイスクール・ララバイ」のカバーもだし1曲目のTWEEDEES提供作「ファズる心」はメンバー以上にコンセプトわかっているんじゃないかってくらいに色々くすぐってくる曲(それでいてTWEEDEES提供曲って超わかるのも良い)。ボーカルそれいゆさんの歌い方も少し力強くなってよりコンセプトを体現するようになってきましたね。

クラムボン「モメント l.p.」

クラムボンがこれまでライブ会場か自主流通ルート経由のみで販売してたアルバムからセレクトした音源集。クラムボンらしさは維持しながら今っぽい3連符歌唱なんかも取り込んで前に進んでるのが伺えてやっぱクラムボンいいよなあって思わされる。

ネクライトーキー「MEMORIES」

今一番注目してる若手バンド。勢いもメロディのポップさも歌詞のコミカルさもそのまんま成長してる感じで良い。近いうちに観に行きたい。ただリード曲の歌詞が色々悪い意味でタイムリーになってしまったね…

the HIATUS「Our Secret Spot」

the HIATUSもデビュー10周年。出てきた時からするとずっと洗練された音を出す大人なバンドになったなって印象。だからおとなしいとかそういうことはなく確実な力強さもあって大変好ましい。

 

 8月はそもそもモノが少ないから次は楽かな…と思ったけどそんなことない予感。