たにみやんアーカイブ(新館)

音楽について何か話をするブログです

2021年4月に聴いてよかった音楽

遅れた分を取り戻すシリーズ、なんとか5月内に完了できる(しかし、すぐ6月になってしまうw)。4月は引越しとかで色々バタバタしてたけど、色々良いものあったですね。

 

lyrical school「Wonderland」

今の5人になってからの3作目。今っぽいトラップ楽曲から歌メロ色の強い曲にオリエンタルものやオールドスクール的な曲もあり最後にゴスペルもありで個々の楽曲の出来はこれまでの積み上げもありピカイチ。ただその分アルバム全体としての統一感みたいなものは薄いような感じも。コンセプトアルバムっぽさはなかったなあという印象(制作トーク聞いてもノーコンセプトっぽく思われたというところもあるんだけど)。個人的にはコンセプチュアルであることはそこまで大事ではないと思うので、これくらいの塩梅で良いとは思うけど。

 

AFRO PARKER「After  Hour」

中堅社員の悲哀みたいなものを表現した1曲目がとても良い。リアル。こういうヒップホップもあっていいと思う、というかこれもまた自己表現としてのヒップホップの一つの形だよなあって思う次第。

 

Porter Robinson「Nurtur」

透明感があるサウンドのエレクトロミュージック。男女デュエット的な曲も実は自分で歌ったものをエフェクト処理しているのを知って驚いた。本人が日本のカルチャー大好きなのもあり、割と日本人にとって聞きやすい音になってるんじゃないかなとか思う。

 

くるり「天才の愛」

ファンファン在籍のラストアルバムなんだけど、本人が「やり切った」というのがよくわかるくらいの充実な作品。いつものくるりなんだけど、変化や進化は常に感じられる。野球選手の名前をひたすら連呼し続けていく「野球」とかよく考えついたなあと(それでいてポップスの曲としてきちんと成立している)。

 

 

YUKI「Terminal」

前半は打ち込み中心で後半はバンドサウンド主体、さらにはストリングス入りの楽曲やジャズっぽい意匠を含んだサウンド(しかもドラムが石若駿!)などかなりバラエティに富んだ作品となっている。バラエティに富んでいてもYUKIの記名性の高いボーカルがきちんと各楽曲を繋いでいる感じがあって、歌声の存在感の大事さを改めて思わせる。個人的には大名盤「うれしくって抱きあうよ」に並ぶ出来栄えと思えてくる。オススメです。

 

というわけで次回に続く〜今回の文章は大半は買い換えたiPadで書きました。もうちょい書く量増やしたいですね。

2021年3月に聴いてよかった音楽

これまでの遅れを取り戻すシリーズ第2弾です。連休中に書きたかった笑

 

 

aiko「どうしたって伝えられないから」

最初の「ばいばーーい」のAメロからしてなんかメロディへの言葉の乗せ方が異形感ましまし。先行シングルだった「ハニーメモリー」もそうだったんだけど、ここにきてシンガーソングライターとして新しい扉開いたのでは…?という感じ。とにかく近年のaiko作品の中でも際立って耳に残る作品。

 

坂本真綾「Duet」

タイトルの通りで様々な歌手とデュエットしているもの。個人的には女性2人のデュエットの人選が土麻子・内村友美・小泉今日子というバラエティに富んでる面々で曲も大人びいた感じながらジャズやサンバなどの意匠を含む感じで落ち着いて聴ける。良盤。

 

Tempaley「ゴーストアルバム」

独特の立ち位置を持つバンドのメジャーデビュー作。メジャーデビューすることによって音楽性変わるかなって懸念してたけど特にそんなことはなく、不穏で怪しげだけどどこか耳馴染みのいいこれぞTempaleyな曲たち。

 

V.A.「筒美京平SONG BOOK」

元々は80歳記念として作られたのが図らずも追悼盤になってしまった今作、誰もが知ってるような歌を今の音と今の歌い手で蘇らせるというもので生田絵梨花北村匠海といった若くて歌の上手い歌手、さらには意外なる俳優畑からの橋本愛の起用はお見事。しかしながら個人的に一番よかったのはmiwaによる「サザエさん」だった笑

 

4月はもっとたくさんあります!

iOSのショートカットでSpotifyやApple Musicなどのリンクを変換して自分が使ってるストリーミングサービスで開く

Twitterをやっているとフォローしている皆さんがオススメの曲やアルバムのリンクを投稿してくれるので気になったらちょいちょいチェックして聴いてみる、というのは自分のみならず多くの人がやっていることなのではないかと思う。しかしながら自分はApple MusicユーザーなのでSpotifyのリンクが貼られていると一旦見た上でApple Music上で検索したりしなくてはいけないので結構手数を踏まねばならず、結果放置してしまうことも多く面倒に感じていた。なんとかならないものか調べていたら、Google Chrome拡張機能でこんなのを見つけた。

Twitter上の音楽ストリーミングサービスのリンクを相互変換(SpotifyApple Music・Amazon Musicに対応)するというサービス。そうそうこんなやつ!しかしPCでしかできないのでTwitter見るのはスマホが主、という自分的にはちょい惜しい感じ。するとこの拡張機能は、Songlink APIを使用しているとのこと。Songlinkとは、楽曲名や楽曲URLを使ってストリーミングサービス間で相互変換できる、というイケてるサービスだ。

もしかしてこのサービスのAPIを使えばスマホでも同じようなことができるのでは…?と思い、おそるおそるSonglink APIのドキュメントを見てみたが…

 ホント最低限のことしか書いてないな…wしかしながら知りたいことはわかった。SonglinkのAPIに音楽ストリーミングサービスのURLとユーザーの国情報をつければ他のサービスのリンクなどの情報が返ってくるということ。ひとまず例としてSpotifyのリクエスト例が紹介されているので、これをもとに進めていけばいいのだろう。しかし問題があり、自分はプログラムのことはある程度わかるけどコードを書くことができない。APIドキュメントも気が利いてる大手のものとかだったら言語別にサンプルが書いてあったりするもんだけどこれは個人開発ぽいのでそんなこともなく。GW使っていちから勉強するか…と思っていたところでiOSのショートカットを使うとちょいとしたプログラミング的なことはできるとのこと。

なるほどこれなら自分でもできそうだ…というわけでこれで進めていくことに。

1:API呼び出しURLを作成する

Songlink APIを使って日本の音楽ストリーミングサービスのURLを取得するには次のようなURLを呼び出してあげれば良い。

https://api.song.link/v1-alpha.1/links?url=<対象のURL>&userCountry=JP

対象のURLと書いてあるところに各ストリーミングサービスの共有用リンクを入力して呼び出しすれば良い。なお、アルバムかトラックのみ有効。アーティストやプレイリストは変換できないので注意。SpotifyのものだけでなくApple MusicやAmazon MusicなどのURLの入力にも対応している(残念ながらAWAやLINE MUSICなどの国内系サービスは対応していない)。

まず、Twitterの公式アプリではURLが「t.co」で始まる短縮URLにされているので処理する前にはそれを展開してあげる必要がある(短縮URLではないものは展開処理をスキップするので安心)。そして適当な名前をつけて変数登録して、上記の形式のURLに挟み込むようにする。それだけ。

f:id:tanimiyan:20210429223748j:image

2:API呼び出しした結果からApple Musicのリンクを取り出し

API呼び出しは「URLの内容を取得」でできる。そして、返ってきた内容から必要なデータを抽出するという寸法。例としてlyrical schoolの「Wonderland」でやってみた内容はリンク先の通りなんだけどJSON形式というネスト構造になっているテキストデータになっているので、この中から項目を取り出していく必要がある。JSONの処理は「辞書」項目で取り扱える。ここでは「辞書の値を取得」をすることになる。普通にプログラムで書く時のようにピンポイントに取得することはできないので、1項目ずつ地道に順番に取得していく必要がある。それを処理にするとこのようになる。

f:id:tanimiyan:20210429223802p:image

Apple MusicではなくAmazon MusicYoutube Music、あるいはSpotifyにしたいときは「appleMusic」のところを「amazonMusic」「youtubeMusic」「spotify」に変えてあげればいい。

最後に取得したURLを開く処理を入れてあげて完成(Apple Musicだけは最後の「url」の代わりに「nativeAppUriMobile」を取得するようにするとブラウザを挟まず開くようになスムーズに使える)。ショートカットの詳細メニューから「共有シートへ表示」を有効化すれば使えるようになる。

f:id:tanimiyan:20210429224004p:image

使うと初回だけWebサイトへのアクセスを確認するダイアログが出てくるのでOKを押してあげよう。

f:id:tanimiyan:20210429224044j:image

ほらひらけた!

f:id:tanimiyan:20210429224640g:image

これで音楽リスニングライフが豊かになりますね!やってみたら意外と簡単にできるので是非読んだ人には試してみてほしいです。でも試すのも面倒って人のために今回作ったショートカットを共有しました。先に「設定」から「ショートカット」のアプリ設定を開き「信頼されてないショートカットを許可」を有効にしてあげてください。

Apple Musicに変換
Spotifyに変換

iOSのショートカットって便利ね。意外と色々使えそうで、また試してみたくなりました。

2021年2月に聴いてよかった音楽

3月半ばに資格試験がありその後すぐ引っ越すことになり全く書く時間が取れなかったけど、ようやく落ち着いたので書けます。

 

中島愛「green diary」

参加してる作家陣が豪華〜と思いつつ、1曲目の「Over & Over」のちょっとポエトリーリーディングぽいところが好きだったり。これ三浦康嗣さんなのね。

 

大和那南「夜明け前(Before Sunrise)

今作で初めて知ったんだけどまだ20歳なのね。ダークでなんか芯のある、存在感のあるサウンド。ライブで見てみたいなとも思うし、これからまだまだ色々積み重ねて面白い曲出してくれそう。

 

ずっと真夜中でいいのに。「ぐされ」

「暗く黒く」のゆったりしたテンポから上げていくアレンジなんかはめっちゃ好みだしボーカルもすごくよく通るしアレンジもちょっと混み入っててなんだかんだ好き。YOASOBIとよく対比されるけど少しレイヤーというかポジション違う気もする。

 

 

Coccoクチナシ

Coccoはだいたいいつもいいアルバム出してくるんだけど、今回は震災後に出た「エメラルド」くらい心にくるものがある。彼女には巫女あるいはシャーマン的なものを感じることがあるんだけど、世の中が大きく動いてどよめいたときにその歌が強みを増すということはある(もしくはそう感じさせる)のかも。

 

R×R=NOW「R×R=NOW Live」

現代ジャズ界のスーパーバンドのライブ盤。やはりジャスティン・タイソンのドラムはめっぽうおもしろくてなおかつ各プレイヤーがさまざまにそこに絡んでいくのがとても良い。音源版とはまた違った聴き方ができる感じ。はーこの人たちのライブもまた行きたいねえ。

 

ほどなく3月分も出ると思います!

2021年1月に聴いてよかった音楽

在宅勤務増えると音楽聴く時間減りがち…しかしお風呂読書用タブレットApple Music使えるようになった(一昨年くらいには使えるようになってた)ので音楽聴ける時間がまた増えた。サビとカビで捨ててしまった防水スピーカーまた買おうかな。

 

 

YOASOBI「THE BOOK」

新曲は1曲だけなわけだけどikuraさんのボーカルがとてもよく通る声である、というのはヒットの要素の一つとしてあったんだろうなあと(2月発売のずっと真夜中でいいのに。の新譜と併せて聴きながら)。ただこれをデータオンリーで聴くのはこの作品の本来の姿とは違う気もしなくもない。

KID FRESINO「20, Stop it.」

カネコアヤノとのコラボ曲「Cats & Dogs」と先行シングル「No Sun」がすごく良い。後者なんかはツインベースにtoe柏倉隆史さんのドラムや小林うてなさんのスティールパンが絡むトラックがヒップホップのシーンだとなかなかない感じですごい好き。

 

Arlo Parks「Collapsed in Sunbeams」

今月聴いて衝撃的に良かったな〜と思ったやつ。イギリスのR&Bシンガーソングライター。リズム感、声、音の良い感じのこもり具合と響きとか全て自分の好み。ドラムがざらっとしてるのもすごい好き。まだ20歳なのか……ここからまだまだ伸びしろを秘めてるのが想像できなさすぎてすごい。

NOT WONK「dimen」

NOT WONKってこういうバンドだったっけ?って思うくらいに最初聴いた印象は驚きに満ちていた。R&Bやジャズなんかに接近した今っぽい音楽。しかしながら途中あたりからガッツリ直球パンクな曲も出てきてギャップが面白かったりする。

WEEZER「OK Human」

WEEZERといえばパワーポップパワーポップといえばWEEZERみたいな感じだったんだけど今作はオーケストラを全体的にフィーチャーした壮大なポップミュージック。中期〜後期のビートルズみたいだなあと思いながら聴いていた。でもメロディはWEEZERなんですよね。どれもよいけど「Playing my piano」とかはメロディめちゃよくて印象に残る。

 

以上、来月に続く〜

描き始めてから書き終わるまで時間経ちすぎてスピーカー買っちゃったぞ

2020年12月に聴いてよかった音楽

年間ベストで触れた作品もあるけどまあ重複はご勘弁ってことで。

 

Gotch「Lives By The Sea」

ゴッチソロは自身の聴いてる音楽が反映されるゆったりとしたモードの曲が多く、リズムも揺らぎのある感じで好き。今回はよりHIPHOP方面への傾倒を見せててラッパーコラボ曲多数だし唾奇・BASIなど旬なメンツを呼んでるのが良い。自分的にはアジカンよりこっちが合ってる。年相応なのかな笑

パスピエ「Synonym」

Gotch同様年間ベストにも入れたんだけど先行シングル全て良くて期待してた以上の出来だった。ジャンルレスで怪しげで切ないメロディのパスピエが戻ってきた感。

嵐「This is 嵐」

特に奇をてらってるわけではないけどこれぞ嵐って感じだし曲が強い。「Turning Up」「Whatever You Call」「カイト」など好き。彼らの花道を飾る秀作。

Paul McCartney「McCartney III」

「McCartney II」以来40年ぶりの完全自己宅録作品。今まで通りだなって思う部分と今までになくてなんか今の流行りっぽいなあと思える部分両方兼ね備えてて長年トップランナーである人は違うなあって思わされる。TikTokまで始めちゃって、この人はどこへ行くのかw

Campanella「AMULUE」

12月に聴いたヒップホップの中では一番好きだった。中野納恵とのコラボ曲が良い。

 

 

本年も頑張って続けるのでよろしくお願いします。

2020年マイベストディスクトップ20

先日のソングトップ10に続き、アルバム単位でのベスト20をまとめてみました。実は先にこっちの方ができていた説。アルバム聴きする旧世代の人間なので、ベストソングよりベストアルバムの方がサクサク選べるんだよね。

過去のものはこちら。

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

 

自分的にどういうアルバムを選ぶかについては選考基準的なものがあるので書いておきますね。ちなみにこれは毎年の使い回しです。

 

個々の楽曲:当たり前だけど収録曲が良いと思うかは超大事。ちなみに歌詞やメロディにあまり関心を置いておらず(もちろん強烈なインパクトがあれば覚えるけど)どちらかというとアレンジ・ビート・あと言葉を音にはめた時の気持ち良さみたいな方を重視。
構成の妙:つまるところ曲順。個々の良くても、明らかにかみ合わせの悪い並び順になっていたりしてるとつらい気持ちになります。
成長性・進化:アルバムというのはシングル以上にそのミュージシャンの一定期間における活動のまとめというような色彩を持つと思うわけ。だから、やっぱり前より良くなってほしいしマンネリ感や成長が見て取れない感じを見ると「惜しいな」と思っちゃう。
時代性:「この2020年に鳴るべき音か」とかいうけどハイパー主観に満ちた要素。どちらかというと懐古的表現やちょっと前の焼き直し的な作品に「この時代にこれかよ!」みたいな減点要素に使ってしまってる気もしなくもなく。あくまでも、自分にとってのジャストフィット感でしかないことは強調しておきたい。主観だ主観!!

それではどうぞ。

20位:ゲスの極み乙女。「ストリーミング、CD、レコード」

 

19位:ラブリーサマーちゃん「THE THIRD SUMMER OF LOVE」

 

18位:さとうもか「GLINT」

 

17位:藤井風「HELP EVER HURT NEVER」

 

16位:tricot「10」

 

15位:LUCKY TAPES「Blend」

 

14位:藤原さくら「SUPERMARKET」

 

13位:小西真奈美「Cure」

 

12位:Gotch「Lives By The Sea」

 

11位:GEZAN「狂(KLUE)」

 

10位:mei ehara「Ampersand」

5月の在宅勤務期間によく聴いてた。全般的にゆったりまったりした感じで暑くなり始めるあの季節にぴったりな感じだったし浮遊感のあるドラム・ビートがとても気持ちいい。

9位:ふたりの文学「曲集」

ボーカルはあの辻林美穂さんとPOLLYANNA(現在はお休み中)斉藤モトキの男女ツイン。ホーンズやらストリングスやらが絡む割と正統派のポップミュージックに優しいボーカルが色をつける。聴くとスッキリした気持ちになれる。

8位:LAKE「Roundelay」

洋楽インディポップのカテゴリに入るんだろうけど日本で言うとトクマルシューゴカクバリズム界隈にも通じそうなサウンドもあったりで聴くと落ち着く。

7位:Thundercat「It Is What It Is」

とにかくビートとリズムがカッコよい。最近のジャズ・ネオソウルものの要素に加え様々な音楽の要素が入っててテンポの速いやつとかあってなかなか異色・異物感があるけどそれもまたよい。春頃在宅勤務になった時にずっと聴いてた。

6位:竹内アンナ「MATOUSIC」

1曲目からしてすんごいキラーチューンなんだけどその後の曲達もいろんなアレンジだったり歌唱のアイディアに満ちてて聴いてて楽しいし、本人も楽しんで曲作ってるんだろうなってことが伝わってくる。

5位:赤い公園「THE PARK」

石野理子加入後2年経っての満を辞しての初アルバムということで彼女のボーカルを活かす楽曲がたくさん。「ジャンキー」とかめちゃくちゃ好きで、ビバラオンラインでのパフォーマンスもすごいよかったんですよね。もっとたくさんこの4人で奏でられる音楽を聴きたかった。津野米咲さん、安らかに。

4位:パスピエ「Synonym」

今の4人構成になってからのパスピエはいろいろ試行錯誤してたように思うけど、ようやくひとつの最適解に至ったのではという会心作。最初のリードトラック「まだら」からして不規則なリズムと構成が怪しさを出しててとてもよく、ドラマーがいないという今の構成を活かした作品になってるなあと。パスピエのアルバムとしては一番好きかも。

3位:米津玄師「STRAY SHEEP」

1曲目「カンパネルラ」からしてリズムトラックが混み入ってて良い。その後の曲も色々なジャンルの音楽のエッセンスを取り入れつつ日本語でどれだけよい響きの音をつくろうかトライしているように見てる。英語タイトルの歌でも大半が日本語だし少し古語的な単語も入っていたりで「日本のポップス」を先に進めようとしてる気概を感じる。

2位:Kaede「秋の惑星、ハートはナイトブルー」

このアルバムもね、ドラムが好きなんですよ(またか)。あとはジャズ風味ラウンジポップ的なアルバムも大好物でなんというか抗えないものがある。そしてそれらの楽曲がボーカルの声質ととても合ってて聴いててうっとりしてしまうやつ。9月、たくさん聴きました。

1位:イヤホンズ「Theory of Evolution」

なんというか製作陣のアイディアがすごいのと、そこに乗っかる3人の声優さんの矜持みたいなのを見た気分。メンバーのインタビューでの受け答えを切り貼りしてリミックスして一つの曲にするとか、別々に作ったふたつの曲を同時に流して一つの曲にしてしまうとか。声優ユニットのアルバムだからこそ声にフォーカスしてその活かし方を追求したって感じがする。そしてまあ皆さん声がいい(当たり前)。あとベストトラックに挙げた「耳の中へ!!!」が個人的スマッシュヒットだったこともありこの位置。良いアルバムでした。

 

総評

ドラムが特徴的なアルバムが上位に挙がる結果となりました。ってそういう話ではないかwまあなんというか選出のテイストは例年と同じような感じになったなぁという印象です。ただ、例年は下半期特に10〜12月にリリースされた作品が上位に来ることが多かったりしたんだけど今回はパスピエだけ。あんまり作品が出なかったのか自分がそんなに聴いてなかったのか、どちらもあるかな。

新型コロナウィルスの影響は自分の生活にも多分に影響を与えているんだけど聴く音楽の好みとかそこまでが強く時代に引っ張られたわけではないのだろうか。むしろ来年かもしれないね。

毎年オリコンは死んでるけど日本のそして世界の音楽は日々面白いものが生み出されてて嬉しい気持ちになりますね。来年も楽しんでいきたい。そしてもう少し何かアウトプットしたい(毎年言ってる気もする)。読んでくださった皆さんありがとうございました。よいお年を!