たにみやんアーカイブ(新館)

音楽について何か話をするブログです

2021年1月に聴いてよかった音楽

在宅勤務増えると音楽聴く時間減りがち…しかしお風呂読書用タブレットApple Music使えるようになった(一昨年くらいには使えるようになってた)ので音楽聴ける時間がまた増えた。サビとカビで捨ててしまった防水スピーカーまた買おうかな。

 

 

YOASOBI「THE BOOK」

新曲は1曲だけなわけだけどikuraさんのボーカルがとてもよく通る声である、というのはヒットの要素の一つとしてあったんだろうなあと(2月発売のずっと真夜中でいいのに。の新譜と併せて聴きながら)。ただこれをデータオンリーで聴くのはこの作品の本来の姿とは違う気もしなくもない。

KID FRESINO「20, Stop it.」

カネコアヤノとのコラボ曲「Cats & Dogs」と先行シングル「No Sun」がすごく良い。後者なんかはツインベースにtoe柏倉隆史さんのドラムや小林うてなさんのスティールパンが絡むトラックがヒップホップのシーンだとなかなかない感じですごい好き。

 

Arlo Parks「Collapsed in Sunbeams」

今月聴いて衝撃的に良かったな〜と思ったやつ。イギリスのR&Bシンガーソングライター。リズム感、声、音の良い感じのこもり具合と響きとか全て自分の好み。ドラムがざらっとしてるのもすごい好き。まだ20歳なのか……ここからまだまだ伸びしろを秘めてるのが想像できなさすぎてすごい。

NOT WONK「dimen」

NOT WONKってこういうバンドだったっけ?って思うくらいに最初聴いた印象は驚きに満ちていた。R&Bやジャズなんかに接近した今っぽい音楽。しかしながら途中あたりからガッツリ直球パンクな曲も出てきてギャップが面白かったりする。

WEEZER「OK Human」

WEEZERといえばパワーポップパワーポップといえばWEEZERみたいな感じだったんだけど今作はオーケストラを全体的にフィーチャーした壮大なポップミュージック。中期〜後期のビートルズみたいだなあと思いながら聴いていた。でもメロディはWEEZERなんですよね。どれもよいけど「Playing my piano」とかはメロディめちゃよくて印象に残る。

 

以上、来月に続く〜

描き始めてから書き終わるまで時間経ちすぎてスピーカー買っちゃったぞ

2020年12月に聴いてよかった音楽

年間ベストで触れた作品もあるけどまあ重複はご勘弁ってことで。

 

Gotch「Lives By The Sea」

ゴッチソロは自身の聴いてる音楽が反映されるゆったりとしたモードの曲が多く、リズムも揺らぎのある感じで好き。今回はよりHIPHOP方面への傾倒を見せててラッパーコラボ曲多数だし唾奇・BASIなど旬なメンツを呼んでるのが良い。自分的にはアジカンよりこっちが合ってる。年相応なのかな笑

パスピエ「Synonym」

Gotch同様年間ベストにも入れたんだけど先行シングル全て良くて期待してた以上の出来だった。ジャンルレスで怪しげで切ないメロディのパスピエが戻ってきた感。

嵐「This is 嵐」

特に奇をてらってるわけではないけどこれぞ嵐って感じだし曲が強い。「Turning Up」「Whatever You Call」「カイト」など好き。彼らの花道を飾る秀作。

Paul McCartney「McCartney III」

「McCartney II」以来40年ぶりの完全自己宅録作品。今まで通りだなって思う部分と今までになくてなんか今の流行りっぽいなあと思える部分両方兼ね備えてて長年トップランナーである人は違うなあって思わされる。TikTokまで始めちゃって、この人はどこへ行くのかw

Campanella「AMULUE」

12月に聴いたヒップホップの中では一番好きだった。中野納恵とのコラボ曲が良い。

 

 

本年も頑張って続けるのでよろしくお願いします。

2020年マイベストディスクトップ20

先日のソングトップ10に続き、アルバム単位でのベスト20をまとめてみました。実は先にこっちの方ができていた説。アルバム聴きする旧世代の人間なので、ベストソングよりベストアルバムの方がサクサク選べるんだよね。

過去のものはこちら。

2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

 

自分的にどういうアルバムを選ぶかについては選考基準的なものがあるので書いておきますね。ちなみにこれは毎年の使い回しです。

 

個々の楽曲:当たり前だけど収録曲が良いと思うかは超大事。ちなみに歌詞やメロディにあまり関心を置いておらず(もちろん強烈なインパクトがあれば覚えるけど)どちらかというとアレンジ・ビート・あと言葉を音にはめた時の気持ち良さみたいな方を重視。
構成の妙:つまるところ曲順。個々の良くても、明らかにかみ合わせの悪い並び順になっていたりしてるとつらい気持ちになります。
成長性・進化:アルバムというのはシングル以上にそのミュージシャンの一定期間における活動のまとめというような色彩を持つと思うわけ。だから、やっぱり前より良くなってほしいしマンネリ感や成長が見て取れない感じを見ると「惜しいな」と思っちゃう。
時代性:「この2020年に鳴るべき音か」とかいうけどハイパー主観に満ちた要素。どちらかというと懐古的表現やちょっと前の焼き直し的な作品に「この時代にこれかよ!」みたいな減点要素に使ってしまってる気もしなくもなく。あくまでも、自分にとってのジャストフィット感でしかないことは強調しておきたい。主観だ主観!!

それではどうぞ。

20位:ゲスの極み乙女。「ストリーミング、CD、レコード」

 

19位:ラブリーサマーちゃん「THE THIRD SUMMER OF LOVE」

 

18位:さとうもか「GLINT」

 

17位:藤井風「HELP EVER HURT NEVER」

 

16位:tricot「10」

 

15位:LUCKY TAPES「Blend」

 

14位:藤原さくら「SUPERMARKET」

 

13位:小西真奈美「Cure」

 

12位:Gotch「Lives By The Sea」

 

11位:GEZAN「狂(KLUE)」

 

10位:mei ehara「Ampersand」

5月の在宅勤務期間によく聴いてた。全般的にゆったりまったりした感じで暑くなり始めるあの季節にぴったりな感じだったし浮遊感のあるドラム・ビートがとても気持ちいい。

9位:ふたりの文学「曲集」

ボーカルはあの辻林美穂さんとPOLLYANNA(現在はお休み中)斉藤モトキの男女ツイン。ホーンズやらストリングスやらが絡む割と正統派のポップミュージックに優しいボーカルが色をつける。聴くとスッキリした気持ちになれる。

8位:LAKE「Roundelay」

洋楽インディポップのカテゴリに入るんだろうけど日本で言うとトクマルシューゴカクバリズム界隈にも通じそうなサウンドもあったりで聴くと落ち着く。

7位:Thundercat「It Is What It Is」

とにかくビートとリズムがカッコよい。最近のジャズ・ネオソウルものの要素に加え様々な音楽の要素が入っててテンポの速いやつとかあってなかなか異色・異物感があるけどそれもまたよい。春頃在宅勤務になった時にずっと聴いてた。

6位:竹内アンナ「MATOUSIC」

1曲目からしてすんごいキラーチューンなんだけどその後の曲達もいろんなアレンジだったり歌唱のアイディアに満ちてて聴いてて楽しいし、本人も楽しんで曲作ってるんだろうなってことが伝わってくる。

5位:赤い公園「THE PARK」

石野理子加入後2年経っての満を辞しての初アルバムということで彼女のボーカルを活かす楽曲がたくさん。「ジャンキー」とかめちゃくちゃ好きで、ビバラオンラインでのパフォーマンスもすごいよかったんですよね。もっとたくさんこの4人で奏でられる音楽を聴きたかった。津野米咲さん、安らかに。

4位:パスピエ「Synonym」

今の4人構成になってからのパスピエはいろいろ試行錯誤してたように思うけど、ようやくひとつの最適解に至ったのではという会心作。最初のリードトラック「まだら」からして不規則なリズムと構成が怪しさを出しててとてもよく、ドラマーがいないという今の構成を活かした作品になってるなあと。パスピエのアルバムとしては一番好きかも。

3位:米津玄師「STRAY SHEEP」

1曲目「カンパネルラ」からしてリズムトラックが混み入ってて良い。その後の曲も色々なジャンルの音楽のエッセンスを取り入れつつ日本語でどれだけよい響きの音をつくろうかトライしているように見てる。英語タイトルの歌でも大半が日本語だし少し古語的な単語も入っていたりで「日本のポップス」を先に進めようとしてる気概を感じる。

2位:Kaede「秋の惑星、ハートはナイトブルー」

このアルバムもね、ドラムが好きなんですよ(またか)。あとはジャズ風味ラウンジポップ的なアルバムも大好物でなんというか抗えないものがある。そしてそれらの楽曲がボーカルの声質ととても合ってて聴いててうっとりしてしまうやつ。9月、たくさん聴きました。

1位:イヤホンズ「Theory of Evolution」

なんというか製作陣のアイディアがすごいのと、そこに乗っかる3人の声優さんの矜持みたいなのを見た気分。メンバーのインタビューでの受け答えを切り貼りしてリミックスして一つの曲にするとか、別々に作ったふたつの曲を同時に流して一つの曲にしてしまうとか。声優ユニットのアルバムだからこそ声にフォーカスしてその活かし方を追求したって感じがする。そしてまあ皆さん声がいい(当たり前)。あとベストトラックに挙げた「耳の中へ!!!」が個人的スマッシュヒットだったこともありこの位置。良いアルバムでした。

 

総評

ドラムが特徴的なアルバムが上位に挙がる結果となりました。ってそういう話ではないかwまあなんというか選出のテイストは例年と同じような感じになったなぁという印象です。ただ、例年は下半期特に10〜12月にリリースされた作品が上位に来ることが多かったりしたんだけど今回はパスピエだけ。あんまり作品が出なかったのか自分がそんなに聴いてなかったのか、どちらもあるかな。

新型コロナウィルスの影響は自分の生活にも多分に影響を与えているんだけど聴く音楽の好みとかそこまでが強く時代に引っ張られたわけではないのだろうか。むしろ来年かもしれないね。

毎年オリコンは死んでるけど日本のそして世界の音楽は日々面白いものが生み出されてて嬉しい気持ちになりますね。来年も楽しんでいきたい。そしてもう少し何かアウトプットしたい(毎年言ってる気もする)。読んでくださった皆さんありがとうございました。よいお年を!

2020年マイベストソングトップ10

さて、いよいよ年の瀬ということで今年の振り返り。毎年その1年に聴いた音楽の中から良かったものを選ぶということをしているので今年もやろうと思います。まずは曲から。過去のはこちら。

2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

基本アルバム単位で聴く屋さんなので曲単位でのベスト選ぶのに苦労してて去年は10個リストアップすることすらできず、今回は10曲選んだものの順位をつけることができなかった…今年に関していえば、4月以降の音楽視聴形態にも大きな理由が求められそうな気がする。在宅勤務主体になって音楽を聴く時間が減ったんですよね。今までは通勤中や移動中ずっと聴いていたんだけど外出時間の減少によりググッと減って、仕事も打ち合わせ主体だったりしたのでなかなか聴けずでした。そんな中でも印象に残った10曲はこちら。なおほとんど歌詞は重視してません。

 

POLLYANNA「LIFE」

cero「Fdf」

RYUTIST「ALIVE」

lyrical school「HOMETENOBIRU」

ガバね、好きなんですよ。元々ビートを強調した音楽が好きなのかもだしぐちゃぐちゃうるさいのも好き。あと、ヒップホップにおけるセルフボースティングを「私かわいい、えらい」に集約させるセンスは超よいと思います。これは発明。

ukka「恋、いちばんめ」

個人的にこれが今年のアイドル楽曲大賞だったかもしれない(今年は投票しなかった)

イヤホンズ「耳の中へ!!!」

5年前のデビュー曲のリアレンジ版なんだけど、ドラムはじめとするアレンジが「春〜Spring〜」すぎる(Hysteric Blueの楠瀬タクヤ氏が関わってるので当然だけど)。好みど真ん中突かれた感じ

CHAI「Plastic Love」

なんかのライブかイベントの時に会場でかかってるのをShazamしたら「えっこれCHAIなの!?」ってなった。表現の幅が広がってる感じがして良い

パスピエ「まだら」

今年のパスピエの楽曲、どれもよかったです。

星野源「うちで踊ろう」

多分今年一番聴いた曲だと思う(iPhone/iTunesで一番聴いたのは「耳の中へ!!!」でした)。短い中にたくさんの意味の詰まった普遍性の高い曲。

OK?NO!! 「How Have You Been?」

5年前に突然解散してしまったOK?NO!が解散からジャスト5年後にふらっと新曲をドロップしてくれるなんて。ありがたいことですなあ。

 

なんだかんだ曲単位の方が自分の好み出やすいのかなとか思った次第(もっと雑な言い方をすると偏ってる)。アルバムも程なくアップするけどそっちの方がバラエティに富んでる気がするかも。お楽しみに!

2020年11月に聴いてよかった音楽

今年ももうすぐおしまい!なのでまきで行きます(いつもこれくらいの時期に出せ)。

 

 

高井伊吹「kaléidoscope」

純J-POPぽくない、クラシックやジャズなどの要素も含む柔らかい音とハイトーンかつ柔らかい感じの独特な声が耳によく残る良作

 

Turntable Films「Herbier」

4年ぶりのアルバム。最初聴いて「豊穣を祝う歌みたいな華やかさに満ちた楽曲たちだなあって思ったらHarbierって植物園って意味なのね。それはそれで納得。

 

怒髪天「ヘヴィ・メンタル・アティテュード」

怒髪天は前から好きで聴いてたけど一時期「ポジティブ大人感」というか哀愁が薄れた感じがイマイチだなって思ってて少し離れてた。しかしながら今回はまたちょいと戻ってきてる感じがして良い。「ポポポ!」とか「アルコール消毒だ!」って言って酒を飲む歌だしこれこれこういうのだよ!って感じでうれしくなった。

 

小西真奈美「Cure」

デビューアルバムはKREVAプロデュースでラップをやった小西真奈美の2ndは亀田誠治後藤正文堀込高樹、Kan Sanoの4人がプロデュースして、オリジナルとカバー1曲ずつ作るというコンセプトのアルバム。本人の歌声という素材をどう活かすかというアプローチがみなそれぞれ違って面白いし複数のプロデューサーの色にうまく合わせられるのは女優さんならではと言うべきか。それにしても声が良い。

LUCKY TAPES「Blend」

シックな感じのR&Bっぽい雰囲気で全体的に好き、というか個人的にはバンド最高傑作と言ってもいいくらい好き。しかしながらこれまで彼らの音楽性の中核を成していたと思われる華やかさはかけらもないくらいに減退してて結構びっくりだったりする。

 

鴨田潤 featuring 寺尾紗穂「ニ」

 

イルリメ名義じゃないのね、という理由は聴いて即わかった。寺尾紗穂のピアノ弾き語りをアレンジ・プロデュースするという形。lyrical schoolに提供した「わらって.net」のカバー(セルフカバーと言っていいのか?)はラップぽくない感じがすごい。そして片想い「踊る理由」を元にした「The Reason To Dance」も最初聴いてもわからない。なんか底知れぬものを感じるアルバムであった。

 

さてさて、ここまで11ヶ月の記録と12月に聴いたものでよかったのをピックアップしてマイベスト選出しますよ。お楽しみに。

2020年10月に聴いて良かった音楽

今年も残りあと少しですねえ。

 

BLACKPINK「THE ALBUM」

なんとフルアルバムは初めてと。相変わらず1曲1曲が強いけどやっぱり「Ice Cream」が好きかなー。なんだかんだグループの楽曲の傾向とか癖とかもわかるようになってきてる

LiSA「LEO-NiNE」

「紅蓮華」のスマッシュヒットでアニメファン以外にも知られるところとなったLiSAの新作。基本的にはアッパーな曲が多い(ので実は紅蓮華も少し異端感ある)中で「わがままケット・シー」あたりのミディアムテンポ曲を聴くと「上手いなあ」って感激しちゃう。

tricot「10」

デビュー10周年の「10」。変拍子で激しくも独特のメロディとテンポがあるのは変わらずなんだけど最初の「おまえ」→「サマーナイトタウン」からしてめっぽう良い。「箱」の異形感とか中嶋イッキュウのジェニーハイでの活動とかがフィードバックされてるのかなとか思ったり。

藤原さくら「SUPERMARKET」

近年の作品にはmabanuaはじめorigami PRODUCTIONSの面々が関わっててオーガニックなギターサウンドに欧米インディポップ風味が加味されて聴き心地がいいながらきちんと耳にとまる感じの音というかフックが効いてる感じなのが良い。「Light and Right」とか声がマッチしてるしトラックが自分好みで最高。

さよひめぼう「AILEN GALAXY GIRL」

前半宇宙っぽい感じでタイトル通りだな〜って思わせたところにいきなり急展開してガバっぽくなるの良いなって思う。キュートさ残したガバなのも良い

 

WANDS「BURN THE SECRET」

上杉昇のいないWANDSWANDSではない」という意見はわからないこともないんだけど個人的には第3期も普通に聴いてたし今回もまあクイーン&アダムランバートとは言わないけどWANDSとして聴いてなるほどと思うところはある。「David Bowieのように綺麗に死ねたら」って歌詞がめちゃくちゃ引っかかるんだけどこの曲キャッチーなメロディだしWANDSを今っぽくアップデートした感じで全体的に良いと思う。ただ歌詞はあまり今っぽくない気もする(ある種それがWANDSらしさなのかもしれないけど)。悩ましいけど敬遠するような作品ではなくきちんと聴いた方がいいよねって思うところ。

 

もう年末じゃん!今月分こそは早めに書くぞ(決意)

2020年9月に聴いて良かった音楽

中間決算的なアレの関係だろうか新譜がたくさん出てて良いものたくさんでした

 

BBHF「BBHF1〜南下する青年〜」

満を辞しての2ndアルバム。Galileo Galileiの時同様に洋楽みたいというか同時代の洋楽ロックとの同期性を感じる充実の楽曲群。

 

早見沙織「GARDEN」

前作「JUNCTION」から打って変わってのいわゆるポスト・シティポップ的なヴェイパーウェイヴ・フューチャーファンク的な楽曲群。一聴して「ふむふむ」と思ってたところに本人インタビューで「私Night Tempo古参です」との言葉がありめちゃくちゃ納得した。

 

SILENT SIREN「mix10th」

サイサイももう10周年なんですね。ここ数年はバンドとしての集客規模が大きくなるのに応じてバンドサウンドとしてのかっこよさとボーカルすぅの声質などから本来的に備えてるかわいさのバランスに苦慮してる印象がある。メロディは相変わらず良いので個人的には個性をもっと出してほしいなって思う。他のバンドと同じことやっても仕方ないので。

 

Kaede「秋の惑星、ハートはナイトブルー」

Lamp染谷大陽とウワノソラ角谷博栄のプロデュース作品なんだけどホント秋に聴くにふさわしい作品になってるしボーカルの声質とマッチしながらおとなしくなりすぎず軽快に鳴る楽器隊がものすごく心地いい。かえぽソロの最高傑作と個人的には思うところ。

 

あいみょん「おいしいパスタがあると聞いて」

あいみょんの新譜は湘南乃風みたいなタイトルだが(語弊)、引き続き引き続きよい歌が揃ってる。先行シングル「ハレノヒ」「裸の心」とかは歌い出しのメロディがなんか印象に残るし書き下ろしの「朝陽」はイントロのギターフレーズの爽快感がすごい。シンガーとしてもソングライターとしてもまだまだ先に進んでるのすごいなって思う。

 

ペンギンラッシュ「皆空色」

ペンギンラッシュ、ビクターからメジャーデビュー。1曲目がなんかEGO-WRAPPIN'ぽいけど良いのか。しかしこれまで同様のジャズテイストを取り込んだ大人なバンドサウンドというコアな部分は変わってないので安心。次の「二〇二〇」のドラムが好き。

 

 

ENDRECHERI「LOVE FADERS」

言わずと知れた堂本剛ソロプロジェクト。ファンク中心のブラックテイスト満載の音楽は自分的にもかなり好み。個人的にはもっとブイブイ言わせておいてほしい感もあるけど、彼の色気ある声がカッコ良かったりするのでわOKだなって思う。

 

ラブリーサマーちゃん「THE THIRD SUMMER OF LOVE」

音が重いダウナーなこれぞオルタナティブロックという感じなのが良い。ジャケットアートワークに出てるようなサイケっぽい感じも出てるしボーカルの気だるい感じも合ってるし。これまでの路線の延長上ではあるけど一つ到達点にたどりついのではと思われる会心作。

 

 

asmi「bond」

若干ウィスパーボイスっぽい一面のあるボーカルとメロウなトラックのハマり具合がとても良い。半分くらいの曲名が食べ物なんだけど歌詞が「クリームソーダってそんなにめちゃくちゃおいしいわけじゃない」とかなんかシニカルなのが良い。

 

降幡愛「Moonrise」

がんばルビィの声優さんの歌手デビューアルバム。歌声が全然違うのにも驚きなんだけど、80年代シティポップ感。本人が相当好きだからってことでこういう形になったということなんだけどなんだかんだ現代風にはなってて、早見沙織さんのアルバムとは好対照というか、1曲目は似てる気がするけどそこから逆方向に分岐する感じw特に中盤の曲でベタさをうまく現代的にデフォルメしてるなって思う。

 

 

ゆったり買いてたら結構時間かかった。来月もネタはたくさんありそうなのでがんばります