読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年マイベストディスクトップ20 20位〜11位

さて、マイベストソングトップ10も発表し終わったところでいよいよ後編というか本番、今年のベストディスクの発表に移りたいと思います。ディスクというかアルバムなんですが。毎年聞くものが増えていて選出に困っているわけで、今回も例に漏れず。因みに、大体全体は3分割くらいな感じになってて、7・8曲ごと位に大きな境界線があります。なんでそういうことを先に言うかというと、上位はかなり団子だということを言いたいからです。

というわけで、基本的なルールは今年発売された邦楽のアルバム(ミニアルバム含む)からの選出。因みに過去のランキングはこちらからどうぞ。
2010年のランキング 1位:サカナクション「kikUUiki」
2011年のランキング 1位:レキシ「レキツ」
2012年のランキング 1位:cero「My Lost City」
2013年のランキング 1位:tofubeats「lost decade」
2014年のランキング 1位:BABYMETAL「BABYMETAL」

それではまず20位から11位(長いので前編後編で分割するよ)。例によりAmazoniTunesApple Musicへの試聴リンクは付いているけどAWAやLINE MUSICやGoogle Play Musicユーザーの人は自分で探してくれ!

20位:Suchmos「The Bay」

www.youtube.com

めっちゃブラックで今っぽい。これをシティ・ポップと皆は呼ぶのだろうか…?所謂ヒップホップ・ネオソウル直系のサウンドを若干アーバンな味付けしている感じ。と思ったら、SANABAGUNメンバーの一部がやっているバンドなのね。納得のサウンド&クオリティだ。

19位:宮川純「The Way」

www.youtube.com

国内ジャズ勢で今年一番良かったなあと思ったのは宮川純のアルバム。全曲試聴を聴けばわかるけどとにかくかっこいい。因みにドラムは去年Taylor McFerrinのライブにてサポートをやっていた23歳の俊英石若駿。彼のことはそれ以来結構注目していたので自身のソロ作「CLEANUP」や北園みなみ「Never Let Me Go」なども聴いたけど、そういった石若駿参加作品の中でも今年ナンバーワンじゃないかなあ。

18位:ぼくのりりっくのぼうよみ「hollow world」

www.youtube.com

 

先行でApple Musicに出ていた「パッチワーク」を聴いて「これはヤバいな…!」という感想を抱いた。声や歌い方はオザケンのようでもあり、セカオワFukaseのようでもあり。ただ言葉の運び方やそれが音とマッチする感触なんかはものすごくスマートでみんな天才だ天才だっていうわけがわかる。因みにこの文章書くまでずっと「hello world」だと思っていたw

17位:シャムキャッツ「TAKE CARE」

www.youtube.com

5曲入りのミニアルバム。今までのアルバムとはちょっと違ってメロウ色・みずみずしさが強い感じ。2曲目「KISS」が白眉。とにかくリードギターのエコーがきいた音が素晴らしく、聴いていると眠くなりそう(良い意味で)。

16位:ボールズ「SEASON」

www.youtube.com

「切ないロック」っていうのはこういうやつのことなんじゃないか??という仕上がり。胸に来るリフ・フレーズ・メロディ。そういう意味ではFOLKSの「Blue & Yellow」なんかもとても良かったけど、全体的な曲の仕上がりやアルバムとしてのまとまりなんかはこっちかな、って感じ。とても丁寧に歌を聴かせてくれている。

15位:esno「Release」

www.youtube.com

夏くらいにものすごく沢山聞いてた気がする。ベストソングで挙げた「21時のクラゲと月」以外にもdaokoをフィーチャーした「夕暮れパラレリズム」、リリスクゆみずさんの「ターニングポイント」など、とにかくきれいな音+かわいらしい女子ボーカル+ヒップホップ/ラップの組み合わせが心地良い。裏を返せば相当狙って作られた作品であるのは明確なんだけど、もうなんか抗えない。笑

14位:OK!?NO「Rhapsody」

www.youtube.com

BandCampで発表されてた既存曲も取り直して収録していることもあり、ほぼ全曲がキラーチューン。その分目新しさという点では若干欠けるところはあるけど、クオリティは高い。スタジオ録音になってとても洗練されたので、すでにBandCampで買ってる人にもお勧めしたい。このアルバムのリリースライブにて突然の解散宣言。行ってホントに良かったなあ。

13位:TWEEDEES「The Sound sounds.」

www.youtube.com

復活の沖井礼二。それだけでもう感無量ではあるんだけど、このアルバム単体としてはこんな位置。正直FROGの1stアルバムの時の衝撃を超えるには至らなかった。曲は抜群にいいんだけど、清浦夏実の名言も踏まえた過去の沖井礼二ワークスからの本格的な更新はこれからだなあというところ。カバー曲は正直いらんかった気がする。

12位:星野みちる「You Love Me」

www.youtube.com

AKB48第一期生の歌手、星野みちる。これくらいの世代(ギリギリ同世代?)の歌手としてとてもまっすぐなポップスを歌っている、という印象。1曲目の「ディスコティークに連れてって」のイントロでやられ、2曲目の小西康陽提供曲「夏なんだし」が最低で(この曲に入っているオマージュなどは無視しとく)テンション下がるんだけどそのあとはセクシーさとかわいらしさとさわやかさのほどよいミックスで持ち直す。笑。ライブ見に行きたい。

11位:パスピエ「娑婆ラバ」

www.youtube.com

 

とにかく後半の楽曲の存在感が凄まじい。印象的なイントロ、単調ではないながらもインパクトがあり体に響いて来るリズム、そして耳に残る良いメロディと歌詞。特に「つくり囃子」については、極端なまでに緩急が付いている曲調をはじめとして、「MATATABISTEP」以降パスピエが再度構築してきたオリジナリティの、一つの到達点ではないだろうか。

 

今年ほど順位づけに悩んだ年もないんだけど、総評とか傾向とかはトップ10発表後にって感じでよろしくなり。そう間を空けずに発表するつもりなのでよろしくです。