2019年7月に聴いて良かったCD

この夏は忙しくてすっかり忘れかけてた!いくつか配信限定のがあります。もはやタイトルが意味をなしてない!

 

BBHF「Mirror Mirror」

Galileo Galileiのメンバーとサポートギターによって結成された実質的な後継バンド。なのであの瑞々しく小難しい雰囲気も継承されてて、あの音がまた聴けるのが嬉しいという気持ち。

 

羊文学「きらめき」

この内容でタイトルが「きらめき」になってしまうのがすごい。いびつで店舗も全体的に遅めで明るい曲調の曲はあまりない。でも1曲目のイントロだけでこのタイトル正しいなって思えてくるところはある。

SOLEIL「LOLIPOP SIXTEEN」

このバンドは出てきたときからめちゃめちゃ狙いすましてるなってずっと警戒していて、今でもそれは変わらないんだけど、今作はその狙いすまし具合があまりにも突き抜けすぎているのでなんというか笑ってしまった。「ハイスクール・ララバイ」のカバーもだし1曲目のTWEEDEES提供作「ファズる心」はメンバー以上にコンセプトわかっているんじゃないかってくらいに色々くすぐってくる曲(それでいてTWEEDEES提供曲って超わかるのも良い)。ボーカルそれいゆさんの歌い方も少し力強くなってよりコンセプトを体現するようになってきましたね。

クラムボン「モメント l.p.」

クラムボンがこれまでライブ会場か自主流通ルート経由のみで販売してたアルバムからセレクトした音源集。クラムボンらしさは維持しながら今っぽい3連符歌唱なんかも取り込んで前に進んでるのが伺えてやっぱクラムボンいいよなあって思わされる。

ネクライトーキー「MEMORIES」

今一番注目してる若手バンド。勢いもメロディのポップさも歌詞のコミカルさもそのまんま成長してる感じで良い。近いうちに観に行きたい。ただリード曲の歌詞が色々悪い意味でタイムリーになってしまったね…

the HIATUS「Our Secret Spot」

the HIATUSもデビュー10周年。出てきた時からするとずっと洗練された音を出す大人なバンドになったなって印象。だからおとなしいとかそういうことはなく確実な力強さもあって大変好ましい。

 

 8月はそもそもモノが少ないから次は楽かな…と思ったけどそんなことない予感。

2019年6月に聴いてよかったCD

今年も折り返しです。気張っていこう。

 

ペンギンラッシュ「七情舞」

名古屋のブラックミュージック基調なバンドの2nd。メロディやビートとボーカルがマッチしてて良い。個人的にはもう少し2作目なりの上積みが欲しかった気もするが好きな感じだ。

 

ずっと真夜中でいいのに。「今は今で誓いは笑みで」

目下急上昇中の謎ユニット(?)の2作目。複雑なように聞こえる曲調ながらキャッチーさを維持しているところ、謎に包まれた佇まいなどパスピエが出てきた時を彷彿とさせる感じ。オリコン週間1位を取り(2.1万枚)8月にはZeppDCで2daysらしい。売れてる!!

 

Kaede「深夜。あなたは今日を振り返り、また新しい朝だね。」

Negiccoかえぽのソロアルバム。毎年バースデーライブでスカートをゲストに迎えてバンドセットで歌うなどしてたところの延長にあるかの面々。Negiccoの時は気付きづらいけど、彼女はホント独特な声をしていて作家陣がそれを最大限に活かした楽曲作りをしている。良い。

 

サカナクション「834.194」

待望の、待望のニューアルバム。6年待ったぞ!しかし待った甲斐はあった入魂の1作。初っ端のリード曲である「忘れられないの」は80's風味を多分に持ちながらもはっきりサカナクションの曲だってわかるし、他のアルバム新曲も既発曲と競り合えるだけの強度を持った曲でそれぞれ個性とインパクトにあふれてる。ありがとうサカナクション。こうなるとここからどういう方向に進むか気になりますね。次の曲はいつ出ますか??笑

 

kiki vivi lily「vivid」

先行で発表された3曲がどれもめちゃくちゃ良くて期待してたんだけどアルバムで聴いたらホントにに素晴らしかった。けだるい感じの声とブラックミュージックを基調とするトラックがマッチしててとにかく聴き心地が良い。今年出た中では暫定トップって言っていいくらいのやつです。

 

折り返しですが上半期ベストはつけません。なぜならめんどくさいから。そしてそんなに細かく区切ってベストをつける行為に意味を感じないから。

 

2019年5月に聴いて良かったCD

遠征ばっかしてて書くのが遅くなりました。

 

Vampire Weekend「Father of the Bride」

これだけ音数少なくて多様な表現ができてるのすごいなあと感心。

 

 

ドレスコーズ「ジャズ」

そういえば志磨遼平ワークスを音源で聴くの初めてかも(毛皮のマリーズは一度フェスで見たはず)。これをジャズというのかはよくわからないけどフォークロア的な昔々の音楽とトラップとかの現代的な音とが融合している様は唯一無二って感じがする。

 

Kan Sano「Ghost Notes」

持田香織大橋トリオなどの作品への参加などで注目なorigami PRODUCTIONSの新鋭の新作。リズムとか音像の作り方がとても良い。まあ若干出来過ぎというか硬い感じもなくはないけど。

 

 

Flying Lotus「Flamagra」

フラロー5年ぶりの新作!!前作「You're Dead!」の獰猛な雰囲気から一転して近年の流行に合わせたかのように基本まったりとした曲調が多いんだけどそんな中でもビートはめちゃくちゃ実験してる感じで面白い。

 

SIRUP「FEEL GOOD」

スタイリッシュなブラックミュージックベースのポップスってことで自分的には大好物です。サウンドがカッコいい。

 

王舟「Big Fish」

そんなに音を詰めたりせず自然に奏でられてる音だなーって思う。なんかビートルズっぽさもあったりする。長く聴ける作品になりそう。

 

もうすぐ1年も折り返しですねー。上半期ベストとかは特にやらなそうな気がします。

 

「ファクトフルネス」「反共感論」と音楽語り・「エモい」という言葉について

ずいぶん前の話になるんだけど、ベストセラーになっている「ファクトフルネス」を読んだ。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

「ファクトフルネス」は医師・公衆衛生学者でかつ「ギャップマインダー財団」のディレクターだったハンス・ロスリングが財団に携わっている息子夫妻と共に書き上げた本だ(「だった」と書いているのはこの本の上梓を待たずに亡くなったからだ)。「マインドフルネス」のもじりみたいな概念だけど要は「事実で満たされた状態」ってことで、事実やデータを元に世界を読み解く習慣のことを指す。本書では「分断本能」「単純化本能」「犯人探し本能」など10の思い込みパターンについて解説し、そこから離れるための考え方についてヒントを示してくれている。

この本でとりわけ印象に残ったのが10の本能を大きく括った「ドラマチックな物語を求める本能」という言葉。ここからふと思い出して、読み終わった後続けて積み本になっていた「反共感論」を読んだ。

反共感論

反共感論

 

こちらは心理学者のポール・ブルームが様々な心理学的な知見から情動的な共感(他者の目で世界を眺め 、他者が感じていることを自分でも感じる能力)に対して反対する(道徳的な指針としては不適切と考えている)という議論をしていく本である。具体的には他者の立場に身を置くような情動的と対比する概念として「他者の心のなかで起こっている事象を 、感情を挟まずに評価する能力に結びつけてとらえる共感」を認知的共感と定義し、道徳的な指針とするにはこちらの方がベターではとして、さらに「共感」と「思いやり」「同情」という概念を区別して理性的な判断を推奨している。

この2冊に通底しているのは自分たちが物事をドラマチックなストーリーに落とし込む情動的な心の動きを本能的に持つことを自覚した上で理性的に判断をしていきましょうという話。どちらもとても良い本なのでセットで読んでほしいところ。そして読むとやはり自分達の身の回りのことを考えるための物差しとして使いたくなってくる(実際のところこういった本を読むことの真の効用は書いてある内容そのものよりも本のロジックをもって現実を見ることによって得られると思うのです)。なのでこの本を読み終わって自分の趣味・関心事である音楽周りの話について考えたりしたことを少しまとめておきたい。

音楽を聴いて何かしらの感想を持つということ自体が多分に情動的なものなのでそもそも食い合わせが悪いような気もするけど、自分が音楽を聴いたりライブを見たりして何に感情を動かされるのかということには自覚的になっていたいなあと思う。とかくアイドルにせよバンドにせよ何かしらのストーリーを抱えててそれがパフォーマンスと結びついてカタルシスを呼んでいるんだから。まああまり因数分解しすぎると面白くなくなっちゃうんだけど……

というか僕達がドラマチックな物語を求める本能を持つことや情動的な共感をしやすい傾向は多分に自覚したほうがいいだろうなと思うわけで。そういう側面から思い出したのが、音楽について語られるときに多用される「エモい」という言葉だ。この言葉は現代版の「あはれ」であるとか一種の物悲しさを漂わせるという論考もあったりしてそれも納得するところはあるのだけど、僕としてはまさに前掲の2冊にて語られてる要素なのではないかと日々感じている。そう考えるきっかけになったのが下記の文章。

ここではこう書かれている。

決して同じ体験をしたわけではないけれど、映像が頭に浮かび、追体験したような気分になる。この時、人は文章にエモさを感じるのではないか?

わりと実感を伴う納得のいく論だ。そしてこれは「他者の目で世界を眺め 、他者が感じていることを自分でも感じる」行為、すなわち共感に他ならないのではないだろうか。そう考えると「エモい」というのは共感やドラマチックなストーリーを想起させられ、それに感情を揺さぶられるという心の動きなのではと考える。例えばライブの中の「エモい」シーンの例としてアイドル・アーティストのこれまでの歴史を辿るような物だったり過去のライブの失敗へのリベンジだったりが挙がることが多いのはまさに「共感」や「ドラマチックなストーリー」により想起されたものではと感じる。「この会場でこの曲をこのタイミングでやることがエモい」みたいな感想はよく見かけるところで、まさに演者のこれまでの歴史だったり置かれている状況をストーリー化し自分なりに追体験しているということなのではないだろうか。*1自分としては音楽を聴くという行為が「自分の好みを探究する行為」でもあると思っているので、たまに出てくる「自分は音楽に心動かされているのか、物語に心動かされてるのか」という気持ちは大事にしていたいと思う。

そして、音楽自体はさることながら音楽を取り巻くニュースや話題についても過度にストーリー化や共感ベースの捉え方をしていかないようにしていたいと思っている。特に最近はNGT48の件が毎日何かしらTwitterで流れてくるというのがずーっと続いててうんざりしているんだけど、この件に関しても、AKSがおかしいまずい対応を繰り返しているのは前提としながらも問題があったとされるメンバーの名前を頑として公表しないことは悪し様に言えるものではないのではと考えている*2。この辺は問題発覚時の早期に吉田豪さんが論考を出しているけど僕の考えもこれに近い。

あともう一つ取り上げたいのはいわゆる「J-POPにおける自作自演至上主義」的なところもストーリー化や情動的共感共感とも結びつくところだろうなあと。先日水野良樹さんにレジーさんがインタビューしてる中でも話題に挙がったところ。

これまでのJポップというもののある種の「型」というか、ミュージシャンが自分自身のパーソナリティとリンクしたストーリーを何らか体現して、それによってカリスマになって、そしてそのストーリーに対して色んな人が憧れを持ち、それが消費されていく----そういうスタイルとはまったく別の力学で動いているミュージシャンがほんとにたくさん出てきているんだなと。たとえば中村佳穂さんとか。

ここで水野さんが挙げている話もやっぱり「共感」と「ストーリー」がベースなわけで、この2者を起点とした受容がJ-POP全般の中に深く食い込んでいたんだろうなあと思わされる。(日本に限った話ではないとはいえ)音楽についての文章表現は、音楽自体が視覚化されていないこともありどうにも表現が難しいところがあるので仕方ないかなと思うところもあるけど。邦楽ロック雑誌の定番だった(最近読んでないけど今もそうなのかな)「マイノリティな自分が音楽で救われて」的なストーリー、自己への投影しやすさなどがあったんだろうなあと感じるところ。 一方でそういったところから離れたミュージシャンが出ているっていうのは音楽のいろいろな楽しみ方を提示することにつながるから良い。僕も中村佳穂さんのライブ見たいです。

そんなに強く「共感するな!」「エモいとか言うな!」というつもりは無くて、自分としてはストーリー化本能や情動的共感があることを自覚して落ち着いて見ることを忘れないようにしたいなあと思います。そんでもって音楽の楽しみ方味わい方もこれまで以上に多様なものになってくれたら良いと考えている次第です。

*1:因みに音楽ジャンルのエモ及びエモ○○(任意のジャンル名)と「エモい」はもう完全に切り離されてると思う。それらに絡める時僕は「エモっぽい」と言うことにしている笑

*2:憶測レベルであれだけ叩かれているんだから公表したらどうなることか考えると恐ろしい

2019年4月に聴いて良かったCD

連休中に書こうと思ってたけど無理でした!!

Snarky Puppy「Immigrance」

グラミー賞もとったメンバー流動的なバンドの新作。ジャズを基調にしながら様々な音楽の要素を横断していく様が爽快であり聴いててとても気持ち良い。来日公演にも行った。めちゃくちゃ良かった。

 

BLACKPINK「KILL THIS LOVE」

聴いて最初に思ったのは「スタジアムやフェスのような大きい会場で映えそうな曲」だということ。音がすごく立体的だと感じた。そしてコーチェラでのパフォーマンスを配信で見たらまさにその通りでしたね……

 

HONG¥O.JP「Highlight」

昨年全員卒業したMAGiC BOYZからメンバーを引き継ぐ形で始まったヒップホップグループ。当初3人だったのが2名となり、活動開始から9ヶ月で解散という寿命の短さ…聴くとマジボ時代からラップスキルが抜群に向上していることが感じられ、もっと見たい気持ちがわいてくる。

 

Billie Eilish「When We All Fall Asleep, Where Do We Go?」

めちゃくちゃ音が暗い。そしてボーカルも気だるさがすごい。なのにめちゃくちゃドープで体にガツンとくるビート。これはすごい。全世界で爆発的にヒットしたのもわかる。

 

みやかわくん「REBECCA」

ニコニコ動画で歌い手やってたところからデビューした勢。ブラックミュージックのエッセンスが入ったロックでかなり好きな感じだった。この辺まだまだ未開拓だなあ。

 

Mark Guliana「BEAT MUSIC! BEAT MUSIC! BEAT MUSIC!」

デヴィッド・ボウイの遺作「★(BlackStar)」に参加していたジャズ・ドラマー。打ち込みのようにめちゃくちゃ精密なドラムを叩いて、没入感のあるビート・ミュージックを生演奏主体でやる。

 

スガシカオ「労働なんかしないで光合成して生きたい」

 スガシカオ新作、感じたのはリリックの土着感というか生活感。それが円熟味のあるファンクミュージックに乗っているのは強い。

 

来月もまた中旬くらいに更新予定〜

2019年3月に聴いて良かったCD

3月が遥か昔のようだ……そして並べてみたら思いの外たくさんありました。まあ決算月だしねえ。

 

J☆Dee'Z「Jewel」

多分2月中に聴きこめなかった枠。とてもきちんとできてるポップス。ハモリをかなり強調してるのはアイドル的な方向ではなくリトグリとかの方に行きたいみたいな話なんだろう。

 

ちゃんみな「I'm a POP」

これも2月発売だったやつ。ラッパーなのか歌手なのかたまにわからなくなるけどとてもスキルがあって歌唱に存在感がある。というか彼女の中ではラップも歌唱法の一つであっていい意味で特に区別してないんだろうなって思う。色んな意味でとても今っぽい。

 

Solange「When I Get Home」

ビヨンセの妹ソランジュ。アメリカのR&B最前線って感じで好みのど真ん中。基本引き算の音楽だよね。どっちがいいとかそういうことは抜きにして。なおサプライズ配信リリースでCDリリースは未定。

 

わーすた「CAT'CH THE WORLD」

ソランジュとは真逆なやつですね(笑)。あの「うるとらみらくるくるふぁいなるあるてぃめっとちょこびーむ」の続編「くらえ!必殺!!ねこパンチ★ ~私達、戦うにゃこたん【レベル5】~」も良いんだけど「大志を抱け!カルビアンビシャス!」がめちゃくちゃツボだったwあと筋トレがテーマの「ぐるトレ」も好き。

 

アナ「時間旅行」

リリスクに多数曲を書いている大久保潤也さんのアナ、2019年版シティポップって感じで耳なじみの良さが抜群。「時間軸の上で」でヒップホップリスナーおなじみの「skr skr」ってコールが挟み込まれているのはリリスク「パジャマパーティー」からのフィードバックか。

 

SILENT SIREN「31313」

ここにきて原点を思わすアッパーチューンが並んでてサイサイといえばコレだよなって気持ちになる(保守的っちゃあ保守的だけど)。しかしなぜ「天下一品のテーマ」のイントロがチャルメラなのだ。

 

コントラリーパレード 「CONTRARY」

これまたとても良いポップス。カメラ=万年筆の佐藤望さんがプロデュースしてるのね。

 

sora tob sakana「World Fragment Tour」

おなじみのOverture曲からアルバムジャケット通りの多彩な曲が展開されてなかなかおもしろいアルバム。かなり良いと思ったのだけどこのタイミングでの風間玲マライカさんの卒業は残念だなぁ。

 

V.A.「東京スカパラダイスオーケストラトリビュート集 楽園十三景」

今のバンドシーンの主役級のバンドがずらりと並んでいるというだけでも聴く価値あり。現状定額制配信に曲を出していないUNISON SQUARE GARDENのカバーがきちんとそれらの類のサービスに載ったというのは一つのトピックかも。ただしApple Musicにはアルバムで置いてなくて単曲バラバラ配置だったのでプレイリストにしておきました。

 

lyrical school「lyrical school tour 2018 "WORLD'S END"」

最高だった去年のツアーファイナルライブの楽曲を収録したアルバム。改めて聴きなおしてみると結構荒っぽいところもあったりでまだまだ伸び代あるなーという感じでまだまだこれからが楽しみ。「夏休みのBABY」のアンセム感と「Short  Good-bye」のドラマティックさ、「ブランニューガール」の底抜けのキュートさと色々な魅力が詰まってて良い。

 

bird「波形」

超名作であった前作「Lush」に続き冨田ラボ完全プロデュースでめちゃくちゃ作り込まれたサウンド。気付くのは冨田さんの肝いりの自作ビート。生演奏のようなリズムをマシンで作ることに長けた彼のビートが前作の現代ジャズ色強めのサウンドから様々なジャンルをまたぐかのようなサウンドに変化しているのだ。ちょうどceroの「POLY LIFE MULTI SOUL」のように。

 

フィロソフィーのダンス「エクセルシオール」

デビューから3年を超えついに大輪開きつつある感じ。低音の効いたファンクサウンドにエネルギーのこもった歌声。おとなし目の曲でも力がこもってるように聞こえてくるのはさすが。しかしこれでもライブの凄さの何分の1かくらいでしかない。

 

Suchmos「THE ANIMAL」

突然の時代を逆流するかのように見えるサウンド転向が賛否両論続出(というか反応の悪さはセールスにダイレクトに反映されてしまった)のアルバム。確かに横浜スタジアムの公演を夏に控えた上でやる音楽かと言われるたら正直違うと思うけど、単純な楽曲集としては実際よくできてると思う。1曲目「WATER」とかアビーロード期のビートルズ風味満点で好きな感じだ。

 

持田香織「てんとてん」

ソロではオーガニックサウンド志向な持田香織さん、今回のプロデュースはリトルクリーチャーズ鈴木正人さんで、Kan Sano参加曲もあったりで良き。彼女の今の円熟味のある歌声にはこういうサウンドの方が合ってる気がするね。

 

ではまた来月!

TWEEDEESのライブが今すごいって話

すごく良かったライブの話をする時、そのすごさをどういう風に説明するかはとても難しい。だからどうしても「エモい」とかのようなわかりやすい感嘆の言葉を多用したくなったり「最高」「良い」みたいなシンプルな言葉を使いたくなってしまう。その問題意識はそのうち何らかの形でアウトプットしたいんだけど、それはさておき昨日自分が見たTWEEDEESのライブはそういった誘惑を振り切ってそのすごさを噛み砕くことにトライする価値のあるライブだと思った。なのでその話をします。途中で挫折したらごめんなさい。

LINE LIVEアーカイブも残っているので見てみてね(しかし音が結構小さくてこんなんだったっけみたいな気持ちになるところはある)。

出囃子が鳴ってメンバーが入場してからの1曲目は今回のツアーに先駆けて出たアルバム「DELICIOUS.」の1曲目にしてタイトルトラック「DELICIOUS.」。CDで聴いたときにもそうだったのだけどシューゲイザーを基調にキラキラした音を適度にまぶしてある曲で、テンポに比して歌メロ自体は長音主体であまり動いて歌い上げるような感じでもない。しかしながらボーカル清浦夏実さんがドンと構えて歌い上げるその姿は相当に力強くて自分の心は鷲掴みされた。そして演奏陣もこれまでの陣容からドラムの原"GEN"秀樹さん以外全員変わり、ギターがPOLLYANNAクロサワさんに・キーボードがブルー・ペパーズ井上薫さんになってバンドの音が明確に変わったのもこの1曲でよくわかった。クロサワさんのギターはエネルギッシュで弾けてるし井上さんのキーボードは上手くてオシャレ。これまで(2017年まで)のTWEEDEESのライブメンバーは沖井さんと同世代の人が殆ど(たまにギターに若手が入る)だったのに対して今のライブメンバーは清浦世代・沖井世代が半々になっている。アルバムの音でも清浦さんの存在感・色が強まっていることを反映したライブをするならこの座組みがマッチしているのだろうと思わせる。特に前半はクロサワ・井上両氏が走るような演奏をし沖井・GEN両氏が技で支えるという構図のように感じられた。

それで冒頭からアルバムの曲順に3曲やるもんだからオーディエンスとしてはアルバム「DELICIOUS.」をライブでやるとこうなるのかということ、今のTWEEDEESはこんな感じだよっていうことがすんなりつかめた。あと前半にやった中では最初4曲やったあとの挨拶を挟んで「月の女王と眠たいテーブルクロス」がかなりアレンジを変えてロックンロール色を強めていたのは大変良かった。(21:48頃から。映像が結構飛んでしまっているのが残念)

とはいえ熟練の沖井さんGENさんも黙っていない。中盤のMCを挟んでの「美しい歌はいつも悲しい」はAメロの部分でドラムとベースで同じリズムを奏でるパートがある。ここのシンクロ具合はさすが長年一緒にやっているだけあるなって感じだしそもそもの話として二人ともえらく上手いので超カッコいい。ボーカルのハーモニーがビシッと決まると気持ち良い感覚ってあると思うけど、リズム隊でそれが出ると凄い爽快感があるなあと感じた。

今まで楽器隊の話ばっかりしてきたけど清浦夏実さんのボーカルも全然負けてない、というか声の伸びなどは前のライブよりさらに増しててめっちゃ強い。そんで声色の細やかさというか表現力が増してるのがよくわかる。アンコールで披露された「ムーンライト・フラッパー」は元々様々な色合いを持つ歌だけど、シーンに合わせた歌い分けの力が更に増してて素晴らしかった。清浦さんの歌声聴いてるとうっとりする。心地良い歌声でそれでいてロックサウンドにハマってるというね。

※1年半前のライブの映像です

そしてこの日の「ムーンライト・フラッパー」はバンドの演奏も素晴らしくハマってて自分が今まで見たTWEEDEESのライブの中でも一番だったと思う。フロアの後方でめちゃくちゃ肩を揺らしてというか踊りまくってた。沖井さんも「曲のここでシンガロング起きたらいいなあ」的なこといってたしもっとフィジカルに訴えかけてくる魅力があると思うわけ。全身で音を浴びて楽しみたい。

TWEEDEESがデビューしてから4年。今回の「DELICIOUS.」はアルバムもライブもバンドの個性を確立する会心のものになったなあと思う次第で。CymbalsともFROGともSCOTTとも違うこのメンバーならではの音だしなにより今の編成の若さと熟練のバランスは今までになかったものだ。だからと言って100%の別物ってわけではなく過去のワークスがあったからこそのTWEEDEESだとも思うので、Cymbalsは知ってるけどみたいな人にこそめちゃくちゃ見てほしい。今TWEEDEESのライブがホントすごくてオススメなんです。